中国原子力高品質発展大会と深セン国際原子力産業革新博覧会 2023 年 11 月 15 日 | 会議までの日数::-108日

イベントの概要

イベントの背景 組織構造



中国原子力高品質発展大会及び深セン国際原子力産業イノベーション博覧会


世界レベルの核展を目指す

国家の「高品質発展」の呼びかけ及び国家アジェンダや広東-香港・澳門大湾区の発展青写真に基づいて現代産業システムを建設する戦略上の急務に積極的に応えるため、中国エネルギー研究会、中国原子力発電集団会社、深セン市発展改革委員会は共同で、年に1度の「中国原子力高品質発展大会及び深セン国際原子力産業イノベーション博覧会」(以下「深セン核博覧会」と略称する)を深センで開催することを決定した。2023年深セン核博覧会は11月15日から11月18日まで深セン世界会展センターで開催される予定である。

中国共産党二十大後初の国家級、国際級ハイレベル核科学技術イノベーションサミットとして、2022年深セン核博覧会は2022年11月15日から2022年11月17日まで成功に開催された。政府、企業、学術界、研究機関、公共事業部門から300人近くの主要リーダーたち、誘われた専門家学者、業界指導者、数千人の専門家が集まり、原子力の高品質発展の壮大な戦略を協議し、原子力発電の持続可能な発展の青写真を描いた。今回の会議は、中国だけでなく、世界の原子力発電業界の発展のために業界の知恵を集めた。今回のイベントには600以上の機関が参加し、展示面積は6万平方メートルを超え、10以上の専門フォーラムを含む5000種類以上の多様な製品が展示されていた。オンライン生放送の視聴率は100万を超え、高基準、広範な規模、トップクラスの規格と卓越した品質を集め、業界のインタラクションと展示に新たなベンチマークを樹立した。

習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想の指導の下で、深セン核博覧会は引き続き「原子力産業の高品質発展の推進」ことを目的としている。博覧会は「大湾区で核を融合し、世界に力を与える」をテーマに、「世界級の核展示会」を目指し、業界と手を携えて世界的な影響力を持つ原子力産業交流プラットフォームを構築している。この努力は、中国の「二重炭素目標」の実現、核強国の建設、中華民族の復興という中国の夢の実現に貢献することを目的としている。